架空請求について

架空請求に遭わないために、悪質なサイトの見分け方をお教えしたいと思います。
サイトによってはいろんな手口を使ってくると思いますので、これらのことを全て守れば大丈夫、
というわけではないかもしれませんが、参考にはなるかと思います。
まず、利用規約を読むこと。そこには、課金制度などのことも書かれていますし、
そのサイトが信頼できるものかどうかも見ることができるます。
料金表やシステムが書いてあるページを見て、全て納得できるかどうか、も大事です。
何となく理解できたから登録しよう・・・という姿勢ではダメ!
課金システムが分かりにくい、どこに幾らかかるのか・・というのが明確に見えないなど・・
そういったサイトは悪質な運営をしている場合が多く、架空請求をしてくる可能性も高いのです。
定額制のサイトに登録したとして、月末に支払うシステムだとしましょう。
そうすると、月末に支払うべき金額が決まっているはず。なのに、実際に請求された金額は
その3倍だった・・・・。その場合、「料金システムが分かりにくかったので細部まで見ていなかった」
という結果だってあるのです。実際に見づらくても料金システムのページにしっかりと書いてあれば、
言い逃れができない状態ですよね・・・。
そうならないためにも、きちんと利用規約や料金ページには目を通し、理解しておくこと。

それから、利用していないのに請求される・・というパターンにも注意です。
あるサイトに入ったとたんに「入会金○○万円です」という具合に、不当な料金を請求されることがあります。
これは、あきらかに「払わなくてもよいもの」です。請求のメールや電話がたとえ来たとしても、
見に覚えが無いなら、無視をすることです。
見づらいサイト、何が言いたいのかわかりにくいサイトは最初から避けたほうが無難です。
悪質サイトはたくさんあるので、見極める目を持ってくださいね!

2011年4月8日

このページの先頭へ