30歳を超えた人の恋

30歳を超えると、恋の仕方、恋の形も少しずつ変わっていくものです。
特に、女性はそれをひしひしと感じているのではないでしょうか?
20代のときって、わき目もふらず恋愛をしていた、という感じがします。
けれど30歳を超えたとたんに、例えば結婚への焦りだとかパートナーがいないこと
への焦りが出てきます。また、恋人がいたら妙に感情よりも理屈を優先して
しまったり・・という人も多いのではないでしょうか。これは何故なのでしょうか?
まあ、焦る・・という点は説明する必要も無いのですが一応・・。
女性は子供を生みたいとか周囲が結婚していく、ということもあり自然に
「私は置いていかれている」という焦燥感に襲われるのだと思います。
自分らしく生きていても、それは多かれ少なかれ出てくる焦りではないでしょうか。
けれど、恋愛をしている中でも、妙に情熱を持たずに悟っている恋愛をしている
女性も多いようです。先ほど書いた「感情よりも理屈を優先」している恋、です。
これは、恋愛をたくさん経験してきた上で、男性を見る目が落ち着いているから。
20代のときはどれだけ一緒にいられるか、とかどれだけお互いが好きか、とか、
そういうものばかりを気にして、愛情優先!みたいな恋が多いと思います。
けれど、30代になると「どういう人生を歩みたいか」ということを考え始めます。
「この人と結婚してどういう人生になるのか」「何が得なのか」を考えると、
結構現実的な方面にばかり考えが向きますし、どうしても理性的になるわけです。
これを読んでいる30代の女性はどうでしょうか?まだまだ情熱的な恋に憧れますか?
それとも、もう現実的な恋愛を考えてしまっていますか??

2011年7月29日

このページの先頭へ