ファーストメールの送り方

ファーストメールは大事です。自分から相手にアプローチしようと思って送るメールなのですから(・∀・)
メールを受け取る相手に「この人とメールしてみたい!」「仲良くなれそう!」と思ってもらうためには、
最初に送信するメールというのはとっても大事鍵ではないでしょうか( ゚∀゚)
私の場合、ファーストメールにはあまり多くを書かないようにしています。
・・・と言っても自分のことがあまり分からないように書くわけではなくて・・・何というか、
少し「物足りないくらい」の文章で、簡潔に書いているのです。
最初に送るメールにあまりごちゃごちゃと書きすぎると、どうしても相手が引いてしまうもの。
相手がどんなペースなのかわからないのに質問攻めしたり、自分のことを書きすぎるのはアウトです。
できれば、ちょっと控えめに。そして、「あなたに興味を持っていますよ」ということを書き添えることをおすすめします。
攻略法・・とまではいきませんが、これらを守れば大体大丈夫でしょう(´∀`)
そして、何よりも上手く書くコツは・・・自分自身がファーストメールを貰ったときに、
どういうメールだったら嬉しいのか、どんなメールだったら嫌なのか・・をシュミレートすること。
それだけでも、自分のメールを客観視できますし、成功率はあがると思います。
ファーストメールに限ったことではないですが、何でも「相手の立場になって考える」
ということは一番大事ではないでしょうか。
本当に人の気持ちや興味を自分に惹き付けたかったら、まずは「相手の立場になる」こと。
それをきちんと考えることで、ファーストメール(第一印象)はばっちりだと思います。
皆さんも、ファーストメールを積極的に送って、相手の心を掴みましょう(*≧∀≦*)
待っているだけでは勿体無いですよー!

2011年4月8日

このページの先頭へ